妖怪大魔王・コバ法王の日記

NPO法人GRA代表、妖怪:小林が書く、オートバイや人生、社会や文化など、日頃思っている事です

オートバイとの接し方

ジムカーナ グランプリ、ライダー達の笑顔の記録映像です

長年に亘って開催していたイベントの記録映像を作成しました。全国各地を転戦しながら 年間獲得ポイントを競う ジムカーナ グランプリ に参加した ライダー達の記録映像ですが、彼らの特徴はとても笑顔が多い事です。きっと、開催当日の運営作業の全てを、事…

妖怪・小林がZ750GPでKAZEジムカーナ全国大会で走行した動画です / YOKAI on Kawasaki Z750R at KAZE Gymkhana National Tournament

妖怪・小林がZ750GPで1989年10月22日のKAZEジムカーナ全国大会で走行した動画です。第1ヒートは急に発生したエンジン不調に悩まされてクラス最下位のタイムを記録して、不調のまま第2ヒートに挑んでいます。 カワサキ車でのエントリーに制限されたこの大会に…

トラ君の、燃料シール膨潤テストの結果報告(その1)

トライアンフのトラ君、復活修理劇場、燃料ポンプ編、「シール膨潤テスト」の段燃料ポンプのシール候補選考会で、膨潤テストの結果を報告します。 名乗り出た 6候補を一週間ガソリンに浸けて、どの程度ガソリンを吸って成長、いや膨潤するかをテストしたので…

トライアンフのトラ君、エンジントラブル修理日記 掲載しました!

妖怪が乗っているトライアンフのトラ君が、10月、イベント開催先の会場でエンジントラブルに見舞われて自走出来なくなりました。 他人に車両を任せたくない、いや、自分で楽しみたい天邪鬼(あまのじゃく)な代表ですから、ガレージに持ち帰ってじっくりとト…

エンジンマウント用ボルトとフィルターオイル を購入

『 エンジンマウント 用 ボルト を購入 』 エンジンマウントボルト とは、エンジンをフレームに固定しているボルトの事で、通常は エンジンを側面から見て 前後 3から4ヶ所、左右分割している時には合計 6~8本ほどになる。 エンジンマウントボルトは、ホイ…

エンジントラブル と ウォーニングランプ の続報

先日、トライアンフのトラ君のエンジントラブル修理の際、エンジン等の診断ウォーニングランプの件を報告したところ、多くの方からアドバイスやサポートをして貰えたので、そのウォーニング関連の続報を届けます。 主にエンジン等の機能を診断して警告を出す…

良妻も良いが、悪妻捨て難し

前回開催したイベントの帰路、トラ君はエンジントラブルの癇癪を起した為、本日開催したイベントには VTR で行きました。 久し振りに乗った VTRは良く出来たオートバイです。 前後サスペンションには手を入れているとは云え、素性の良さ、マナー・振舞いの良…

本 買いました

先月開催したクリニックを受診した人に紹介された本を見て、思わず・迷う事無くその本を発注して、米国の業者から今届いたところです。 本のタイトルは「Motorcycle Design and Technology」(オートバイの設計と技術)で、筆者は Gaetano Cocco という方で…

自作自賛「よく分かるかな?」

駆動チェーンによって後輪に偏った力が働き、それが前後タイヤの不整列を大きくしている事を示したかった図。 チェーンで伝わった駆動力は後輪の左側だけに働くので、進行方向に対して右側へと後輪を傾ける力になる。 そして、アクスルシャフト(車軸)の装…

記事用の画像撮影の後で ・・

昨晩、画像撮影の為にガレージに行った。 すると止まらない、触ってやりたい衝動もやって来た。リア周りの新しい解決方針が良好なので、それに合せてフロントの車高を 3.5mm下げ、1G' 車高を 105mmへ調整した。試してみると、若干低い感じもするけど悪く…

“ どろろ ” のようなトラ君

トライアンフのトラ君、まるで “ どろろ ” の百鬼丸 みたい。生まれる前に身体の様々な臓器が48体の魔物に生贄として差し出され、不完全な身体のまま生まれてきたようだ。 ある程度調整をしてやれば、それなりに走らせる事は出来るが、いつも何か煮え切らず…

トライアンフのトラ君、ピボットインサート交換とその後

トラ君、つまり 初期型・トライアンフ、ストリートトリプルのリアサスペンション設計は、プログレッシブレート設定になっていない為に作動始めが鈍く、タイヤのグリップ感が得られない(トラクションが与え難い)という悪癖があるたけでなく、前後サスペンシ…

トラ君の、フロント スプリングの交換

トライアンフのフレームとサスペンションのマナーの悪さに手を焼き、探究と改良を重ねてきた。その一環としてフロント スプリング を変更して、設計の欠点をクリアする試みを繰り返し、ようやく最適な特性のスプリングに近づいてきた。これは、その最新のス…

FAQ 「バイクは新車がベストな状態?」

オートバイは新車で販売されている状態がベストの状態だと広く信じられていますが、実際には 本来の能力や性能を発揮できない状態で販売されているのが実情です。 新車で購入された方からの質問に答えて、本来の状態へと戻す為に必要な作業内容を示し、“妖怪…

ヘルメットの弊害 Harm of helmet

一般道を走る機会の多いライダーなら、何度か経験した事があるだろう 四輪車のドライバーと意思疎通感が薄く、時に疎外・迫害されている感覚を もしかしたら、それはヘルメットの弊害かも知れない 安全の為に義務化されているから、と思って見過ごす前に、 …

タイヤから診る、ライディング (その3)

前回まで、タイヤ表面に残る “ 摩耗痕 ” から運転している人のライディング 傾向や癖が判断できる事を説明してきた。 更に、スポーツ走行が好きな人であっても、下の図の様に、コーナリング中 の遠心力によって出来る “ 摩耗痕 ” しか無い場合が多い事。 そ…

『 トレールが教える、運動解析 』

「トレール」と「方向安定性」の関係を表現したイラストを追加して、フロントタイヤとサスペンションとの解説記事を GRA公式Webサイトに掲載しました。ライダーが一番敏感に感じ、オートバイの操縦安定性の大きな役割を担っているフロントサスペンションとタ…

足とステップ、良い関係のヒント

先日、ライダーの足のサイズが、オートバイに合わない実状を報告しましたが、それを解決するヒントを見つけましたので、ここに紹介します。 この製品は、社外品のオプション設定で販売されている品で、とても凝った設計と高い精度で作られています。 最も目…

ヤマハ主催レッスン、見学記

先日の土曜日(6/29)、ヤマハさん主催の『大人のバイクレッスン』を見学してきた。日焼け止めクリームを顔面に塗って行かなかった事を少し後悔しながら、当日に受けた印象やヒント、確信を、メモ書きを見ながら振り返ってみた。 『 大人のバイクレッスン 』…

トラ君の、“ ボルト チューン ” ♪

『 目覚めのコムラ返り 』 毎日の仕事(NPO)をする時間帯は 自然と一番効率の良い深夜と昼間午後がメインになっている。 だから、先日(5/4) の様に開催イベントがあると、生活のリズムが崩れるからだろうか、イベント終了後はとても疲れる事があったりする…

『 レバーの大切さ、再認識した夜 』

昨晩は レバーの位置の大切さを再確認させられた。 先週末に一度組み上げたフロントフォークのチェックへ行くと、初期のレスポンスの遅れ、そして ブレーキでターンに入る時には ターンの鈍さを感じていた。 先週末・夜、気温は 8~10℃ 程度か。冬に慣れてし…

やってしまった ! 前後タイヤの整列

今日(12/9)開催のイベントで、順調に仕上がりつつある フロントを味わっていて ・・「 左右のターンで やっぱり差があるなぁ ~ 」フロントフォークの整列、妖怪棒で取っても変わらずガレージに戻ってから、前後のタイヤの整列を確認した。大・妖怪棒(前後…

最適トルク設定は常識。 しかし ・・

車両の基本的設計の問題のため、不出来な箇所が次々と頭を出すトライアンフ君。最も深刻なフロント周りの安定性の低さ、ギャップ走破時のマナーの酷さの解消に一定の目処が立った今、俄然、目立つようになったのがリア周りのリジット感、作動性に悪さだ。 『…

週末の愉しみベアリング ♪

体力が衰えたのか ?技術が劣化したのか ?いや! オートバイが悪いに違いない !!と言って、知恵で少しでも良くしたい歳頃だ。そこで、ホイール周りの ベアリングとオイルシール交換だ!だけど、トラ君の部品、正直に純正部品を注文すれば、手間賃と空路料…

快感のVTR、不快のトラ君 ?

11月26日、イベント開催のため、VTR250に乗った。それは、とっても気持ちの良い走りだった。実は、トラ君を使う考えもあったが、11月12日のイベントへの往復が不快で苦痛だったからだ。フロントサスペンションのトレール量の確保のため、様々なトライをして…

「 走りたくないコース、 走りたいコース 」

ジムカーナに限らず安全運転競技大会のコース設定の最近の傾向には疑問だ。 愛に乏しく、夢少なく、個性出せない設定が目立ち過ぎる。 競技用の走行コースは、バレエやアイススケート競技、ビアノやバイオリンのコンサートなどと同様に、芸術性や創造性が欠…