妖怪大魔王・コバ法王の日記

NPO法人GRA代表、妖怪:小林が書く、オートバイや人生、社会や文化など、日頃思っている事です

トライアンフの ピボット・インサートを変更

  
トライアンフの悪癖がどうしても我慢できず、辿り着いたのがピボット・インサート変更への挑戦だった。
加工して装着して試走の結果を書き留めています。

     

http://gra-npo.org/policy/yokai_column/garage/202002_change_pivot/pivot_1.html

       ****************


< 以下、一部転載 >


トライアンフ の悪癖 』
  
トライアンフ のストリートトリプルを購入する際、隣に展示してあった姉妹車でレーサーレプリカ仕様(今の言葉で SS)・デイトナ675と2時間近く見比べて購入後のプランを練った。
どの部品は共通で、どの部品は変更されているか、購入した後でどんな変更をすれば良いかと見ている時は幸せだ。
   
その時に見つけた変更部品の一つが、スイングアームのピボット部の位置決めをする部品「スイングアーム ピボット インサート」だった。
当時は、デイトナ675用の部品を移植すれば操縦性を高められると信じていたので、車両発注時と同時にデイトナ675用「ピボット インサート」も注文して、新車の慣らし終了後の車体分解時にすぐに交換してしまった。
      
けれど、デイトナ675の操縦安定性の確認を進める内に、市街地走行ではとんでもなく扱い難い設定だという事が分かってきた。 かと言って、ストリートトリプルの操縦安定性も決して満足できるレベルではない事は慣らし時期に分かっていた。

 

f:id:youkaidaimaou:20200222234931j:plain


 
 
『 車高の変更 』
    
最初に「 車高 」つまり 車体の高さを表す用語についての説明が必要だ。
実は、リア(車体後部)の「 車高 」には二通りの意味がある。
一つは、車体やシートの高さを意味していて、足着き性の良し悪しを指す場合に使われている。もう一つは、セッティング作業を行なう時に使う「車高」で、こちらは スイングアームの垂れ角を指す言葉として使われている。
   
 

f:id:youkaidaimaou:20200222235006j:plain


 
セッティング作業の際に用いる「車高」、つまり スイングアームの垂れ角を変更すれば車体の高さも変わるので、同じ事だと思うかも知れないが、実は全く違う場合もある。このトライアンフの場合が正にそれに当たる。
スイングアームが車体・フレームに取り付けられている箇所、ピポット部は、殆どのオートバイは位置を変更できないが、トライアンフは変更が可能なのだ。
   
スイングアームのピボット部に「インサート」と呼ぶ部品がついており、それを変更する事でオートバイの性格を変え、ストリートトリプルとデイトナ675との特性の違いを出す設計になっているのだ。

 
 
 
『 スイングアーム・ピボット・インサート 』
     
メーカーのつけた名称は「スイングアーム ハイト インサート」だけど、長くて分かり難いので、ここでは 「ピボット インサート」と呼ぶ事にします。
ストリートトリプルの購入を検討している時、同時に デイトナ675 と見較べて、ピボットインサートの変更をすぐに決断して交換したけど、デイトナ675 の設計特性がとんがり過ぎていて、満足できるセッティングに辿り着けていない事は先に書いた通り。

   
そこで、デイトナ675用のピボット・インサートは諦めて、ストリートトリプル用のピボット・インサートに戻す事を検討した。 ただし、ストリートトリプル用の ピボット(スイングアーム軸)の位置は デイトナ675用のピボットより 約3mm 低い場所にある。

f:id:youkaidaimaou:20200222235101j:plain

 
そのまま交換して最善のセッティングを施すと、スイングアームの垂れ角は従来通りになるので、結果として 車体後部が 約 3mm高くなってしまうが、それは望んでいる方向とは逆だ。
ピボット・インサートを上下逆にして取り付けて、スイングアームの垂れ角は従来通りにすれば、車体後部の高さを 約 3mm低くできるので操縦特性に変化を期待できるし、前後の車高バランスを取ればフロントの車高も 約 3mm 下げる事になるのも狙いだった。

< 以下、続く >

http://gra-npo.org/policy/yokai_column/garage/202002_change_pivot/pivot_1.html

 f:id:youkaidaimaou:20200222235804j:plain



 
 



もしも、この人だったら ・・

  
1957年9月、米国・アーカンソー州での“リトルロックの 9人”の状況と、現在、感染拡大を続ける 新型コロナウイルス禍騒ぎを繋ぐ考察です.。
 

f:id:youkaidaimaou:20200216211747j:plain

■ 関心のある方は、以下の サイトURL でご覧ください
http://gra-npo.org/policy/yokai_column/column/if_this_person/littlerock.html




[ 記事の一部を転載 ]
 

「 どんな時でも一番大切に考えるべき事は、個人の健康や財産を脅かすリスクを増やす行為はインモラル行為であり、人は誰もそれを行なってはならないという事です。 」

  
「 1月中旬にはこの未知のウイルスが感染拡大を行なっている情報を得ていながら、訪日客への警戒も行なわれず、民間医療機関への適切な対応指導も行なわれなかった事もあり、誤診で適切な処置を受けられずに亡くなった方は、今後の検疫体制を変えていくきっかけを作った尊い犠牲者です。それを「たった一人だけ」という風潮がもしあるならば、それには強く異議を唱えます。 」
 

f:id:youkaidaimaou:20200216213935j:plain

■ 関心のある方は、以下の サイトURL でご覧ください
http://gra-npo.org/policy/yokai_column/column/if_this_person/littlerock.html


 
 
  
  

MT-09、妖怪ガレージに持ち込みたい !

    
オートバイ本来の性能を正しく発揮させる整備を追求している “妖怪ガレージ” に、持ち込んで整備を体験したい! という 熱い要望が届きました。
車両は、中古で購入した ヤマハ MT-09 で、僕自身も一度触手を伸ばした経験のある車両で、MTシリーズ( MT-10を除く/ あれは FZ-10改 )の設計と工作レベルの確認なるのを期待はしている。

しかし、実現させるには オーナー自身が作業項目別にその目的や進め方を理解しなければ “妖怪ガレージ・持ち込み企画” の目的から外れてしまう。ただの、触った自己満足とサポートの一方通行に終わった苦い経験はしたくはないからだ。

だから、オーナーには 整備項目の提案をして、その提案を見てからの相談次第で決まる。 まあ、この位は事前準備に手を掛けないと、整備しました! で終わって、誰の心にも手にも残らないと信じている。

f:id:youkaidaimaou:20200215183542j:plain


詳しい解説は、以下のサイトで案内しています。

http://gra-npo.org/lecture/bike/Q&A_MT-09_garage/maintenance_plan.html


   
   
   
  

「 フロントフォークの分解整備を! 」 と要請が入りました

  
「フロントフォークの分解整備を!」と、“妖怪ガレージ・持ち込み企画” への企画要請が入りました。
    
フロントフォークは 操縦性や安定性に最も大きな影響を与える構成部品ですが、滅多にフォークオイルの交換さえされず、正しく適切な整備さえ整備工場では行なわれていないのが一般的です。
   

f:id:youkaidaimaou:20200212232241j:plain

    
記事の整備メニューを参考に、オートバイを安全に楽しめる整備を行なう事を強く勧めます。

【 フロントフォークの分解整備を! 】
http://gra-npo.org/lecture/bike/Q&A_Ffolk_OH/F-folk_OH.html

f:id:youkaidaimaou:20200212232347j:plain

 
 
 
 

FAQ 「バイクは新車がベストな状態?」

     
オートバイは新車で販売されている状態がベストの状態だと広く信じられていますが、実際には 本来の能力や性能を発揮できない状態で販売されているのが実情です。

f:id:youkaidaimaou:20200208234047j:plain


新車で購入された方からの質問に答えて、本来の状態へと戻す為に必要な作業内容を示し、“妖怪ガレージ・持ち込み企画” で実際に体験を積む事を提案しています。

 
公式Webサイト

http://gra-npo.org/lecture/bike/Q&A_new_bike_best/New_bike_best.html



f:id:youkaidaimaou:20200208234209j:plain


f:id:youkaidaimaou:20200208234234j:plain




震災の時


震災の時、感じた事。
   
お金勘定に口出す人、寄付出さず。
何も言わず心寄せてくれる人、寄付をくれる。
   
色々と言ってくる人、実状知らず。
何も言わず心寄せてくれる人、そっと認めてくれる。
 
きっと、震災だから、はっきり見えるのだろう。
もっと、成長していけそうだ。

  
  
 
 
 
 
 

バンク角と旋回特性との関係 (1)

 
先日(1/23)、イベントを開催した時、下に掲載した「お題」を 話題の題材にして、意見交換や分析をして、単にバンク角だけに留まらない深い話まで進められたので、折角だから、ここで紹介するので一緒に考えてみて欲しい。


f:id:youkaidaimaou:20200205194126j:plain


結論を言ってしまうと、オートバイの旋回特性や旋回力はバンク角だけで決まる訳ではないから、「お題」の様に “ 実質的なバンク角 ” なんていう考え方をする必要も無い。

それよりも、バンク角以外で、オートバイの旋回特性を大きく左右する要素をしっかりと理解するのが大切なのに、戦後 75年が経とうとする現代、機械としてオートバイは随分と洗練されてきたのに、それを取り巻く業界の知識や理解は洗練されているとは言えないのが現状だ。

 
興味や関心がある人は、公式Webサイト に 2~3 回に分けて解説を載せるので、ぜひ 見て欲しい。


【 バンク角と旋回特性の関係 】
http://gra-npo.org/lecture/ride/lean_and_turn/turningchara_1.html



< 以下、一部紹介 >

「 オートバイの旋回(コーナリング)特性や旋回力は、バンク角の大きさによって決まるという考え方が広く信じられていますが、それはオートバイの特性を正しく理解していない考え方です。」
  
「 適切で安全な旋回を行なう為には、バンク角以外に理解すべき事があります。」

 

f:id:youkaidaimaou:20200205194220j:plain