妖怪大魔王・コバ法王の日記

NPO法人GRA代表、妖怪:小林が書く、オートバイや人生、社会や文化など、日頃思っている事です

リアスプリング フローティング化 (その4)

『 さあ、いよいよこれから 』

果たして、きちんと組み上がるのか?
寸法や加工に間違いは無いか。
スプリングは 4mm 長くて入るか?

これから判ってしまう。
ドキドキ と ドキドキ
 
何も報告が無かったら、泣いていると思ってください。

f:id:youkaidaimaou:20181117015837j:plain

f:id:youkaidaimaou:20181117015912j:plain



『 想像していた通り 』

想像していた通り、実際にユニットを取り外し、分解した後で仮組みをしてみれば、設計者と加工者本人の腕が分かった。自作した部品の修正が必要なのだ。

f:id:youkaidaimaou:20181117021723j:plain


削り出した部品を数カ所修正して、どうにか作業を前進させる。
スプリングリテーナーに続き、スラストワッシャーを置き、グリスアップしたスラストベアリング、そしてワッシャーを置いてスプリングの順に組み付けていく。

f:id:youkaidaimaou:20181117021759j:plain

スプリングコンプレッサーでスプリングを縮めて、下部のスプリングリテーナーを挿入して、肝心な抜け留め用の サークリップをセットしてから、恐る恐るスプリングを緩めて狙い通りの位置に納めてやる。

f:id:youkaidaimaou:20181117021902j:plain


実は、この抜け留め サークリップ の部分、新作リテーナーの寸法が心持ち甘い。
最悪、走っている時に リア だけが 急シャコタン になってしまわないか ・・・・ちょっと心配。
 
 
まあ、いいでしょう。
ユニットの組み立てが終わり、今日はココまで。
明日は、鈴鹿見学だ。

 



はち蜜と柚子 ゲットして鈴鹿へ !

明日は鈴鹿サーキット 交通教育センターへ行って、
講習の様子を見学勉強させてもらいに行く日。
聞けば、担当インストラクターの方は倉田さんとの事。
久し振りにに倉田さんの側で勉強しなくては。

それと、鈴鹿では愛知県に住む知人と待ち合わせの約束だ。
彼女には 公式Webサイトの作成と管理でお世話になっていた。
お礼と今後の事で相談したい事もあるから、手土産を持って行く事にした。
手土産はチョコレートに決めて、近くの市場を歩いても、
好きだった店が廃業した後、今は気に入った店が無い。


と、そんな時、店先の出店に目が行った。

テーブルひとつではち蜜を販売されている様だ。
値段は手頃だから買う事にした。

でも、その後が長かった。
養蜂家の中南さん、話好きのおじさんで、女性特有のイジメ構造の話から女性特有の脳は生物学的産物か? 社会学的産物か?
はたまた、中国産のはち蜜に席巻されている日本市場だが、中国での生産方法の懸念、日本での生産の時期や生産方法、果ては男らしさとは等、押し付けではない面白い話が続いた。
  
そんな彼、商売も上手で、柚子をおまけでたくさんつけてくれた。
これで、柚子もお土産に持って行ける。
そんな新しい人との出会いがあるから、人生は楽しい。

f:id:youkaidaimaou:20181117010434j:plain

リアスプリング、長さ計測ミス、発見!

さっさと、リアサスペンション、取り掛かれば良いものを。
改めて部品を取り出し、寸法をチェックしつつ、出来上がりをあぁだこうだと想像巡らすひと時を過ごす。
 
実は、結構楽しいひと時なのだ。
例えると、買い物をする時、あぁだこうだと考えている時が結構幸せなのと似ている。

 
で、発見した。
新しく入れる米国製スプリングの長さ、4mm 短く計算していた。
組み込めるかどうか? 結構深刻な数字だったりする。
本来なら、組み入れる事なんて一切想定されていない、スラストベアリング、リテーナー厚みと合わせて 12.2 mm 、
これだけのスペースを 捻出するのは ・・・ギリギリだ。

f:id:youkaidaimaou:20181115000656j:plain


まぁ、いいか。
明日は、取り外して、一旦組み込んでみよう。

ケ セラ セラ

バーエンドウエイト用素材、真鍮棒、到着

バーエンド ウエイト用に手配した金属素材 : 真鍮棒が到着した。

直径 32mm x 長さ 259 mm で 重さが 約 1700 g

f:id:youkaidaimaou:20181115000407j:plain

32 g のウエイトを削り出すと 約 5 mm と短い。
また経験の無い加工方法を学習しなくてはいけない。
特に、仕上げに角の面取り方法が分からない。
 
まあ、試行錯誤、やってみるしかないね。

リアスプリング フローティング化 (2)

『 削り出し終了 』

リア スプリングのフローティング化の為の、最後の自作部品・下部スプリング リテーナーの削り出しが終わった。

f:id:youkaidaimaou:20181113002941j:plain

f:id:youkaidaimaou:20181113002955j:plain


後は実際に サスペンション ユニット (ダンパー)に組み込むだけど、ここからが本当の心配だ。採寸や設計、そして削り出し用に選んだアルミ材の材質選びに間違いがあったら無駄になってしまう !
  
それにしても旋盤加工、加工の最後の頃になってようやく慣れてきた。 例え仲の良い友達から加工を頼まれても、喜んで受けたい加工ではない。


『 手配した部品一覧 』

f:id:youkaidaimaou:20181113003431j:plain

組み込み順に部品を並べるとこうなる。
左端の部品が ようやく削り出しを終えた 「下部・スプリングリテーナー」で、右端がユニットの一番上側に装着する「ベアリング用ダストカバー」だ。

この中でフローティング化の “ キモ ” となるのが 「 スラスト ベアリング 」だ。
この部品は “ ベアリング ” の名称の通り “ 回転を助ける ” 部品で、本来ならば 肉厚の軌道輪(外輪&内輪)で両側から挟む様に使用するのが前提だけど、今回は組み込みスペースの関係と肉厚のリテーナーで平滑性と剛性をカバーする事で、薄肉の「 ベアリング ワッシャー 」と組み合わせて使う事にした。
でも、今こうして考えてみると、スプリングと接する側は肉厚の軌道輪を使うべきだろう。(軌道輪は一緒に購入済みだ)
 

『 スプリングを救うフローティング化 』

なぜ? このスラストベアリングを組み込む事で “ フローティング化 ” と表現しているかと言えば、スプリングをストレスから救う仕組みだからだ。

サスペンションでよく使われるスプリングは、スプリング線材をコイル状に巻いた “ コイル スプリング ” ( 上図のもコイルスプリング )だが、殆ど全てのコイルスプリングはストレス一杯の環境の中で働かされて、スプリングが持つ本来の能力を出せていないから救ってやりたいのだ。

何故? ストレス? と言えば、スプリングはサスペンションを支える一番大切な部品で、コイルスプリングはサスペンションの動き(タイヤの上下動)に合わせる様に伸び縮みの動きをしているが、その伸縮う際にコイルスプリング自体が “ 回転 ” する特性があるのに回転できない様にサスペンションに組み込まれているからなのだ。

伸縮に合わせてちょっと回転がしたいコイルスプリングだけど、それが許されていないので伸び縮みの動きにちょっと抵抗して、それがサスペンションの動きを阻害するフリクションとなって顔を出してしまうのだ。
だから、コイルスプリングの一端にベアリングを組み込み、サスペンションの本来の動きをさせてやりたかったのがフローティング化の狙いだ。
(ストレスが少なくなるので、スプリングの老化=ヘタリ も減らせる効果も期待できる)
 

『 米国製スプリングへの交換 』

新たにスプリングリテーナーを製作した目的には、スラストベアリングの組み込み以外にもう一つの目的があって、低負荷時から高負荷時までストレスなくスムーズな働きで大好きな米国製スプリングを使えるようにしたかったからだ。
 
現在使用中のスウェーデン製スプリングは、負荷の変化にリニアに対応しきれていない感触があるので米国製への交換は購入時から考えていたが、標準的なスプリングの内径よりも一回り小さな特殊なサイズになっていた。
その為、サスペンションユニットに組み付ける時のリテーナーの外径も小さくて、米国製スプリングを装着するためのスプリングリテーナーの製作をした次第だ。

ここで、スプリングのレート(ばね定数)の話に移る。
現在使用中のスプリングのレートは 95 N / mm (ニュートン・メートル表記)で、米国製スプリングでの数値に換算すると 約 540 LBS / inch (ポンド・インチ表記) だ。
だから、米国製スプリングの選定では 550 LBS / inch か フリクション低減を達成するならば 一段高いレートの 575 LBS / inch を選ぶべきだったかも知れないが、今回は勉強も兼ねて 更に一段高い 600 LBS / inch を最初に試す事にしている。
さあ、結果はいかに。


『  詳しくは改めて 』

このフローティング化の処理以外にも、サスペンションが本来の働きを導き出させてやる処理は色々あるから、その原理も含めて GRA公式Webサイトの[ オートバイの基本講座 ]で改めて解説の予定だから、関心のある人は期待して待ってて欲しい。

さあ、今日はここまで。
果たして採寸や設計が正しかったどうか?  サスペンションへの組み込みが楽しみだ。

 

バーエンド ウエイト考 (その2)

オートバイを購入した時、いつも真っ先に取り外していたバーエンド ウエイトだけど、先日、意外にも操縦性や安定性に大きな影響を与える事に気付かされた。

そして今日は、実際に走行して試せる初めてのイベント開催日だ。
暫定で 48g ウエイト仕様で会場へと走ってみれば、意外にも感触が良くない。 鈍いというかダルなのだ。
ちょっと大げさに言うと、水飴が入った鉢に箸を刺してグルグルとかき混ぜる時の感触に似ていて、思っているラインや反応が微妙にずれてリズムに乗れず、却って危なく感じるほどだった。

それは高速走行時だけでなく、極低速の時から感じられるほどだったので、イベントの空き時間を利用して 、0g、12g、24g、36g、そして 48g のウエイトを試してみた。
すると、ウエイトの僅かな違いでオートバイははっきりと表情や動きが変わるのが確認できた。
 

f:id:youkaidaimaou:20181111231539j:plain

 
特に、一番大きな違いが出たのは、深くバンクさせて、ブレーキングを行ない、125度から180度位のターンをする時だった。
24g だとブレーキングの後でアクセルを開けるまで短い間にフロントが微妙に揺れるけれど、48gだと ピタッと安定している上に ターンの回転方向の先へ先へと進んで行く感じなのだ。

そこで、その中間のウエイト・36g にすれば、安定しつつ勝手に先へと進む感じは少ないのでえ、帰路は 36g 仕様で試す事にした。
やはり、コースだけではなく高速道路絵から極低速走行まで バランスが良くないとダメでしょう。
 
こんな グラム単位での調整をしてみて、拳銃のグリップの事を思い出した。
拳銃のグリップも 形状と重さを バランス良く整える事が大切だと聞いた事があり、やはり道具良し悪しはバランスにも大きく依存しているのだろう。
 
さて、グラム単位の調整だから、最終的には 30gだろうか。 それとも32g?

11/10、 イベントの準備日

明日開催のイベントに備えて、フロントフォークオイル、KHL15-10を 1cc 追加。
前回、フロントがストローク時に方向安定性が欠けている感触があったからだけど、
良くなるといいなぁ。

f:id:youkaidaimaou:20181111001744j:plain


後は、ガソリンを入れて、汚れを落とし、ワックスかけて、機材の準備で完了だ。
あっと、その後で、夕方6時から開催するイベント「話すオートバイ講座」のために、
自転車で大阪に向かう予定だった。

間に合うかなぁ〜?