妖怪大魔王・コバ法王の日記

NPO法人GRA代表、妖怪:小林が書く、オートバイや人生、社会や文化など、日頃思っている事です

トラ再走計画

トラ再走計画・ 番外編 「ハブダンパー」

リアサスペンション の 組み付け完了し、新品タイヤ装着の前後ホイールも準備完了したから、さあ、リアホイール組み付けだ。リアホイール作業時の交換部品と言えば 「ハブ ダンパー」だ。ゴム製品だから定期交換するのが当然だし、前回交換は 1800 km 時だか…

トラ再走計画・リアサスペンション / 番外編 2

オートバイ各部のフリクション(摩擦/摺動抵抗)を少なくする事は、オートバイ本来の正しい動きを引き出して、素直な操縦性や運動特性の実現には欠かせない大切な事だ。しかし、一般的な整備工場で行われる整備作業では重視されず、時には部品メーカーでさえ…

トラ再走計画・リアサスペンション / 番外編

トライアンフの整備を通じて、もっとオートバイの各部品の一つひとつが正しく動作して、もっとバランスが整った車両作りを語るこのページ。今回は、リアサスペンションに新しく試みた企て(くわだて)が挫折した話だ。 『 スプリングは素直じゃあない 』 オ…

トラ再走計画・リアサスペンション編(その6) 「米国娘に焦がれつつ?」

「社外製のリアサペンション ユニット、車種専用仕様で販売しているのだからいいのでは?」「あんなに高くて調整機能が満載だから、高品質で間違い無いはず!」と信じている人達へ告げよう。 その絶大な信奉を裏切ってしまうので、このページは読むべからず…

トラ再走計画・リアサスペンション編 (その5)「純正部品が一番!?」

トラ再走計画・リアサスペンション編、とことん最良をつきつめていたら、社外製部品(以後:社外部品)の思わぬ “ 落とし穴 ” につまづいたから、その経験を書く事にしよう。きっと、多くの人は知らない事があると思うから、是非、期待して欲しい。まずは、“…

トラ再走計画 ・ リアサスペンション編 (その4) スプリング 到着 !

トラ再走計画、長らく休載でした。 すみません! 書ける事はあったものの、仕様が決まらない事も重なり、近々、そのサスペンション仕様について報告する予定で、きっと参考になる方も多いと思います。 お待ちください。 そこで、その思考錯誤の結果、スプリ…

トラ再走計画 ・ リアサスペンション編 (その3) リンクプレートは ?

一歩進んでは、一寸(ちょっと)考える トラ再走計画。前回(その2)、リアサスペンションのリンク比を決める大切な部品:リンクプレートが、デイトナ675 と同じではなかった事が発覚 !小心者オーナーは考えた。「 そうかぁ、1’G時(乗車時)からのフリクシ…

トラ再走計画 ・ リアサスペンション ユニット 編

知人、「 いつになったら走れるのぉ ~? 」と、先日聞いてきたので、僕、 「 そう、早くても 12月以降かな 」と答えた。ただ走るだけなら、きっとそんな日数はかからない。が、乗るのも楽しいけど、触るのも楽しいから仕方ない。それに、この機会にトラを徹…

トラ再走計画 ・ リアブレーキ編

5年を超える放置の結果、屋内保管にも関わらず、各所に不具合が出てきているトラ君。やはり、オートバイは常に小まめな整備・調整が必要との教えでしょう。 さて、リアブレーキのタッチが悪くなっている事は報告の通りです。ペダルを指で押しても、リアブレ…

トラ再走計画 ・ 旋盤工作編

前回の作業で、ようやくエンジンが再始動したというのに ・・・「 トラ再走計画 」は、気が向くままに進んでいくようです。 しっかりと計画を立てて、テキパキと作業を進めたならば、今頃は 公道再デビュー(?) していた筈! とは自覚していますが、まあ、…

トラ再走計画 ・ 点火プラグ 後編

点火プラグの購入も済ませ、久しぶりにガレージへ戻る。そこには 燃料タンクが外され、エアクリーナーケースも外され、リレーユニットパネルがハーネス(配線)で吊り下げられ、インテークポート(吸気口)には “猿ぐつわ” 代わりのガムテープ貼られたトラ君…

トラ再走計画、 点火プラグ ・ 前編

放置プレイに泣いた トラ君、軽くて強力な リチウムイオン バッテリー 購入でエンジン再始動! と 軽く考えていたが、繊細な(小心な?)配慮が頭を支配した。「 このまま始動させると、シリンダーに余分な傷が ・・ 」長年、放置したままだから、エンジンオ…

トラ再走計画、 バッテリー編

先日も書いた通り、放置プレイの有無に関係無く、オートバイの部品で一番賞味期限が短いのが “ ゴム部品 ” だ。タイヤは当然の事、オイル等の液体や気体の漏れや圧力損失を防ぐ為に、エンジン内部やホイール中心部、ブレーキ関連やドライブチェーンなど、重…

トラ再走計画、進行中 !

2010年春以来、放置プレイに甘んじていたトラ君、ようやくオーナーが“ 再走計画 ”を始めたようです。 室内保管(事務所ガレージ)とは云え、車体の色々な所の整備は必要。一番の懸念は “ ゴム製品 ”で、3年前には タンク内臓燃料ポンプのオイルシールがお漏…